Jump 働きたくなる会社を、日本中に。

STRUCT REPORT
語る増渕

「正しく伝わる言い方」って、奥が深い?

増渕知行

そうとう手前ミソな話しですが・・・

ジャンプの決算は8月なんですが、創業以来つづけてきた黒字決算を、
なんとか今年もできそうな状況になりました。

正直今期は苦しかった。
お取り引きいただいた社数は36社→52社(今日現在)と増えて、業績も伸びたのですが、
人も一気に増えたので固定費が上がり、5周年でパーっとつかったので(笑)、
ちょっと苦しかったです。

一時は「赤字もやむなし。これも勉強だ。」と思った時期もありますが、
本当によかったです。

お客さまにめぐまれたことは言わずもがな。
「みんなでがんばった!」ということにつきるのですが、ここで悩むことがあります。
それは、「自分以外のメンバーに、自分のきもちをどんな言い方で伝えるか」です。
例えば・・・

「みんなよくやった!」
→この言い方は、上から下に発信するときの言い方。ジャンプには合わない。

「みんな、ありがとう!」
→これは、僕のためになにかをやってくれたときの言い方。これもちがう。

「おめでとう!」
→他人ごと感が強すぎる。これもないね。。

「やったー!!」
→これはただ喜んでるだけだし。。。

だめだ、もう浮かばない・・・

私は「正しく伝わる言い方」に、人一倍こだわるようにしているつもりなんですが、
このシチュエーションはちょっと悩みます。

日本語って、奥が深い。ってことでしょうか?
それとも単純に、考えすぎ?

だれか今度このテーマで壁打ちしてください。

増渕知行
代表取締役 クライアントパートナー

理想を追求し続けたら、起業に行きつきました。ジャンプは自分の人生そのものです。ジャンプはクライアントにとって、頼れる同志であり続けたい。社員にとって、燃える場所であり続けたい。約束は守る男です。週末は野球がライフワーク。


Contact Us

ふわっとした悩みから、明確な課題まで。採用力に関することは、何でもお気軽にご相談ください。