Jump 働きたくなる会社を、日本中に。

STRUCT REPORT
採用コラム

激動の2019年は、こう生きる!

増渕知行

新年明けまして、おめでとうございます。

と打とうとしたら、「信念開けまして」と変換されました。
縁起がいいかも(笑)

と言いつつ、今年は日本経済も激動の年になる予感です。
各業界内の優勝劣敗だけでなく、産業構造の変化により、業界丸ごとなくなってしまう。
そんなことすらありえる気がします。

iPhoneが生まれたことで、必要のない家電がたくさん出ました。
デジカメ、音楽再生プレーヤー。テレビなんかもそうでしょう。

昨年末にAmazonの「Fire TV Stick」を買ったのですが、なかなか衝撃的ですね。
もうこれで、レンタルビデオ屋さんも、DVDプレーヤーもいらなくなりそう。
キーボードも消えて、タイピングの技術は問われなくなるのですね。
めでたい打ちまちがいもなくなると(笑)

BtoCと比べるとtoBのほうが激変スピードは遅いと感じますが、
HRのマーケットも丸ごとなくなってしまう業界が出てくるかもしれません。

私が社会人になった90年代半ばの時点で「これからは変化の激しい時代」と
言われていましたから、おそらくそのずっと前から言われ続けてきたのでしょう。

なくなるものがあれば、生まれるものもある。
iPhoneが生まれたことでスマホの市場ができ、アプリの市場ができた。
アプリの市場ができたことで、たくさんの新しいベンチャーが生まれた。

世の中は激変し続けてきたわけで、それをポジティブにとらえて楽しむのか、
ネガティブにとらえて苦しむのかは、古来よりずっと自分次第ですね。

言わずもがな、ポジティブにとらえて楽しみたいと思います。
みなさま今年も、どうぞよろしくお願いいたします!

増渕知行
代表取締役 クライアントパートナー

理想を追求し続けたら、起業に行きつきました。ジャンプは自分の人生そのものです。ジャンプはクライアントにとって、頼れる同志であり続けたい。社員にとって、燃える場所であり続けたい。約束は守る男です。週末は野球がライフワーク。


Contact Us

ふわっとした悩みから、明確な課題まで。採用力に関することは、何でもお気軽にご相談ください。