経営ジャンプ

採用、組織、研修、販促、働き方を語るメディア

Powered by
Jump

recruiting

採用につながるインターンシッププログラム(コンテンツ)企画について

採用

セミナー写真※インターンを【採用目的】に実施されている企業さま、担当者さま向けの記事になります。

「2018新卒採用計画前に押さえておきたい 採用につながるインターンシップの募集・設計・運営・フォロー(繋ぎ止め)と事例について」でお伝えした通り、インターンシップで採用成果を収めている会社には、必ず抑えている4つのステップがあります。それは、①設計 → ②集客 → ③運営 → ④フォロー(繋ぎ止め)という4ステップです。本記事では「①設計」にスポットをあてて、具体的なインターンシップの設計法(作り方)をお伝えしていきます。また、この記事の内容を理解した上で、フォーマットに沿って必要事項を記入するとインターンシップの企画書の骨子が出来上がる「インターン計画フォーマットの設計編」もダウンロードできますので、以下「他にはないインターンシップ設計のヒント」をクリック下さい。

■本記事の目次

1)理由なきインターンシップは失敗する ~ステップ①目的設定の重要性~
2)企画は形式、プログラム、期間、時期で考える ~ステップ②インターン設計のフレームワークで企画を落としこむ~
3)インターン満足度は高いが、採用成果に結びつかない理由 ~ステップ③プログラムストーリーの落とし込み~

1)理由なきインターンシップは失敗する ~ステップ①インターン目的(企画)設定~

採用活動のスケジュールの変化も相まって、ここ数年、激増しているインターンシップ。「同業他社を含め、多くの会社がインターンを始めたから、自社も実施したい」「短くなった広報期間を補うためにもインターンを実施したい」といった声をよく聞きます。
しかし、「他社もやっているから」「さらなる広報手段として」といった、安易な気持ちだと、結局“他社事例を模倣しただけのインターンシップ“となりやすく、終わってみると「インターンって成果でないよね」となる可能性が高いと思っています。

逆に、採用成果が出ているインターンシップは必ず、「インターン実施理由」が明確です。『しかるべきねらい』の元、『しかるべきタイミング』で、『しかるべきプログラム』が実施されています。このような【目的】がはっきりしたインターンは、例え似たようなプログラムのインターンがあったとしても、発信されるメッセージやプログラムの進行の行い方、落とし所となるフィードバックなど細部が異なり、学生からの見え方は「他にはないインターンシップ」に映ります。インターンシッププログラムを作る上で第一ステップとなる「設計」。この設計で最も大切なものは「実施理由(目的)」です。まずは、この目的をしっかりと落とし込んで下さい。
※目的の落し込みについては、本記事の最下部よりダウンロードをご希望頂ける「インターン計画フォーマットシート」を参照に行ってみて下さい。

2)インターンプログラム(コンテンツ)企画は形式、プログラム、期間、時期で考える ~ステップ②インターン設計のフレームワークで企画を落としこむ~

魅力の落し込みインターンの目的が明確になったら、その目的に合致したプログラム(コンテンツ)企画立案になります。しかし、このインターン企画、とても悩ましいのが、インターンの種類の多さ。15年ほど前は、インターンと言ったら「業務体験型」しかなかったのですが、取り組む企業数に比例して、「プロジェクト型」だったり「1day」だったり「就活支援型」だったり。頭を悩ませている担当者の方も多いのではないでしょうか?

しかし、インターンプログラムは以下、表のように「形式」「プログラム」「期間」「時期」という4つの視点で区切ると整理できます。世の中の99%のインターンは、この形式、プログラム、期間、時期のいずれかの組み合わせで実施されています。
インターン4つの視点

ただ、注意が必要です。再三言っている通り、採用成果が出ている会社の形式、プログラム、期間、時期をそのまま真似てもきっと同じ成果はでません。なぜなら、この形式、プログラム、期間、時期の土台となる、前述の「インターン実施目的」が違うからです。あくまでも自社の目的に沿って、この4つの視点を組み合わせることが重要です。

また、『形式』であれば、実践型、プロジェクト型、グループワーク型、見学型、講義レクチャー型、それぞれに特徴があります。インターンの目的、自社の強み、インターンプログラムのストーリー、などから、適切なものを選択する必要があります。また『プログラム』についても、母集団形成に適したプログラム、自社への魅力づけに適したプログラム、など、特徴があります。期間や時期も同様、選択によって期待する効果が変わってきます。

では、どのような観点からこの4つの視点のそれぞれの因子を選択すれば良いのでしょうか?

その点も本記事最下部よりダウンロードできる「インターン計画フォーマットの設計編」にまとめました。そちらを参照しながら、自社のインターンコンテンツ設計に活かして頂ければと思います。

3)インターン満足度は高いが、採用成果に結びつかない理由 ~ステップ③自社の魅力への落し込み設計~

「御社のインターンは、とても良い経験になりました。この経験を活かして、他社の選考、頑張ります」。参加した学生からこんな話をもらい、複雑な気持だった。と、先日、採用目的でインターンを実施した企業の担当者の方から、伺いました。

このように、「参加学生満足度は高かった。でも、採用成果にはつながらない」そのようなインターンシップが増えているように思います。色々な原因が考えられるのですが、大きな仮説として挙がるのが、「自社への結びつけのストーリーの甘さ」です。
例えば、「実際の営業の仕事が体験できるインターン」があったとします。これも「体験させれば興味を持ってくれるだろう!」では、うまくいきません。営業に興味のある学生ほど、複数社の営業が体感できるインターンに参加しています。そのような学生の『数ある営業の中の1つ』という認識から頭1つ突き抜ける必要があります。そのために必要な情報は「具体性」です。
その会社の営業はどんなお客さんにどのような営業を行っているのか?それは同業他社とどのように違うのか?なぜ、その会社はお客さんから選ばれるのか?ターゲットとしている学生にとって、自社の営業を経験するとどのようなメリットがあるのか?自社の営業を通して、どのようにスキルアップするのか?等々、これら情報も丁寧に伝え、体感し、腹落ちしてもらう必要があります。「それら情報をどのような順序で、どのようなコンテンツで、誰からどのように伝えるのか?」そのようなストーリーを構築できると、再現性が高く採用成果につながるインターンプログラムとなります。

このあたりも確認頂けるような設問を「インターンシップ計画フォーマットシート 設計編」にまとめました。記述を進めながら、インターンシップコンテンツを整理頂けると幸いです。※本記事に該当する計画フォーマットシートは「設計編」になります。ご希望の方は設計編のチェックボックスにごチェック下さい。

以上が、インターンシップの「設計について」の記事となります。弊社ジャンプは、ここには書ききれませんが、実践型、プロジェクト型、グループワーク型、見学型、講義レクチャー型のそれぞれの具体的な実施事例や採用成果だったり、失敗事例だったり、色々なノウハウが溜まっております。インターンシップにお悩みの場合は、以下、お問い合わせより、お気軽に一度ご相談頂けると幸いです。

komidori

小緑直樹

クライアントパートナー

「採用」や「組織」に関わる仕事は、よりよい日本、さらにはよりよい世界を創っていく上での最適な人材活用に携わる ことだと思っています。そんな大きな思いを忘れず日々仕事に打ち込んでいます。趣味のジャグリングはいつでも披露します!