Jump 働きたくなる会社を、日本中に。

STRUCT REPORT
採用コラム

採用オウンドメディアの作り方

安井省人

定期採用から通年採用への変化、求職者の囲い込み需要の高まり、採用活動の長期化、さまざまな側面から採用シーンに主にブログ型のオウンドメディアを活用されることが非常に増えてきました。とはいえ、人事採用担当者の方々がメディアを作ることは、本来業務から遠い仕事でもあり、何から取り組めばよいのかわからないケースも多いでしょう。今回はそんなみなさんに採用オウンドメディアづくりのヒントをお伝えできればと思います。

採用オウンドメディアに期待する効果

採用オウンドメディアに対して、採用担当者の方はどのような意図で制作を進めるのでしょうか?主なものはこんなところでしょうか?

・自社の魅力をもっとタイムリーに発信したい

・インタビューやブログ記事などをもっとたくさん発信したい

・従来の採用ホームページよりもっとSEOでの流入を見込みたい

これらはきちんと運営・運用することで確かに期待できる効果といえるでしょう。求職者もこれによって記事にふれることで、その会社の価値観やどんな人材がいて、どんな仕事をするのか、どのような活躍ができるのか、をさまざまに情報収集することができ、ミスマッチの低減にも効果があることでしょう。

また、通常の採用ホームページだと、検索流入の面ではどうしても大企業に対して、知名度の低い企業は検索順位で勝ちにくい状況にあると思います。採用オウンドメディアはそういった面でも運用次第で勝ちにいくことを期待できる施策でもあります。

ブログ型オウンドメディアは発信数をある程度担保することさえできればSNSへの発信機会を増やしたり求職者へのメールのきっかけづくりにもなったりと「コミュニケーション量を増やす」、「流入経路を増やす」という面でも効果があります。

採用オウンドメディアの立ち上げ方

採用オウンドメディアは、WEB制作そのものより、運用・運営をどのように設計するかに課題があります。WEB上の投稿場所を作ることそのものの設計にはそれほど頭を悩ませることはないでしょう。それよりも、

・どのような体制で運営し、

・どのような記事を書き、

・どのように共感してもらうのか

をきちんと設計しておくことがとても重要になってきます。

求職者としては仕事さがしの最中に、自分の興味のあるキーワードを入れて検索行動をします。まずこのキーワードは何なのか、どのようなキーワードを入れてくる求職者を期待するのかを想像することです。これがどのような人材に記事を読んでもらうのかの第一歩です。あまり極端に絞り込む必要はありませんが方向性が散らばらないようにしましょう。

キーワードを大体決めることができれば、次は体制の検討です。記事は現場を巻き込んで全社で取り組まないと体制としては不十分になるケースがほとんどです。そもそも記事は内製するのか外注するのか、それによって運用コストが格段に変わってきます。内製する場合は「取材」「原稿ライティング」「編集」「校正・校閲」「公開作業」のすべてをおこなわなければなりません。それらのフローを検討しつつ、どのくらいのスケジュールで記事を公開していくのかを検討しましょう。毎日1本と毎週1本ではその煩雑さが大きく変わってきます。

公開スパンが決まればどのような記事を公開していくのかを決めていきましょう。週1本と毎日一本では記事の選択も変わってくると思います。数を担保できるなら少しゆるめのプライベートな記事があっても幅が広がって良いと思いますが、少ない記事しかあがらないのに、あまり仕事の記事が少ないのも本来の目的にそぐわなくなって来ることででしょう。記事本数の想定とそれに見合った企画を検討する必要があります。記事を検討していくとやっぱりどうしてもこういった記事はほしいというものが出てくることがありますが、場合によっては再度体制を検討し直すことも必要になってくると思います。

運用が始まって記事が公開されるようになったら、社員全員に記事をシェアしてもらうことを忘れずに。身内からの口コミが当初は一番効果があります。記事の品質にはぜひ妥協をせずにメディア運営を楽しんでください。

採用系オウンドメディアの事例

最後にいくつかの事例をご紹介しておきます。

UBジャーナル(株式会社ユーザベース)

UBジャーナルhttps://journal.uzabase.com/

メルカン(株式会社メルカリ)

メルカンhttps://mercan.mercari.com/

ミクシル(株式会社ミクシィ)

スクリーンショット 2019-09-27 11.24.38https://mixil.mixi.co.jp/

ナイルのかだん(ナイル株式会社)

ナイルのかだんhttps://r-blog.nyle.co.jp/

安井省人
取締役 クリエイティブディレクター

組織活性につながるクリエイティブとは何か?問題の本質は何か?を追求する毎日。近道でも回り道でもゴールに繋がるプロセスを大切に、現実にも夢にも向き合いたいと思っています。二地域居住の週末田舎暮らしやってます。


Contact Us

ふわっとした悩みから、明確な課題まで。採用力に関することは、何でもお気軽にご相談ください。