経営ジャンプ

採用、組織、研修、販促、働き方を語るメディア

Powered by
Jump

recruiting

採用につながるインターンシップの運営企画について

採用

※本記事は、インターンを【採用目的】に実施されている企業さま、担当者さま向けの記事になります。

「新卒採用計画前に押さえておきたい 採用につながるインターンシップの募集・設計・運営・フォロー(繋ぎ止め)と事例について」でお伝えした通り、インターンシップで採用成果を収めている会社には、必ず抑えている4つのステップがあります。それは、①設計 → ②集客 → ③運営 → ④フォロー(繋ぎ止め)という4ステップです。本記事では「③運営」にスポットをあてて、具体的なインターンシップの運営方法をお伝えしていきます。また本記事をお読み頂いた特典として「インターンシップの進行タイムスケジュールフォーマット」もダウンロードできますので、活用下さい。

■本記事の目次

1)インターンシップは運営の不備が学生の志望度を下げる
2)マイナス印象を与えないインターンにするために事前に準備すること
3)採用成果につながるインターン進行に外せないちょっとした工夫
4)インターンシップ計画シート 運営編 (進行タイムスケジュールシート)について

1)インターンシップは運営の不備が学生の志望度を下げる

1071ae5db1f297b0445ca1a0a1e0e6ea_s2,3時間で終わるプレゼン中心の会社説明会とは異なり、インターンシップは、グループディスカッションや、ワークショップ、仕事体験など、動きのある進行になります。その分、運営面の不備が出やすいと言えます。例えば、必要なときに必要な備品が足りない、想定以上に学生のアウトプットに時間がかかり予定がズレる、ゲスト講演を依頼した現場責任者の社員の話が長引く・・・等々。

このような運営面の不備は、たいていの場合、学生の満足度や、その会社への志望度を下げます。

逆に、この運営面において、十分な準備&工夫を取り入れることができると、参加学生達の力を100%、もしくは、それ以上引き出す場を創出できます。そうなると、学生にとって「印象に残るインターン」「本気になれたインターン」「成長できたインターン」となり、自社への志望度も向上します。
インターンシップはどうしても「何を(プログラム・コンテンツ・企画)」行うのか目がいきがちです。しかし、それと同じく「どう(運営)」行うのか、といった視点も忘れてはいけない点です。

本記事では、インターンシップ運営にあたっての
●「準備について」
●「工夫について」
まとめていきます。

2)マイナス印象を与えないインターンにするための事前準備

31c69edf19d8ac4e25e7881c64cba8c9_s当日の運営に滞りがでないために必要なことは、「どれだけ当日をイメージできるか?」に尽きます。そのイメージを深めるために、最もおすすめなのが、進行タイムスケジュール表の作成です。既に作成されている会社も多いと思いますが、どこまで作りこんでいるでしょうか?

このスケジュール表は可能な限り細かく作成されることをオススメします。スケジュール表を作成することで、どのプログラムが、どれくらいの時間がかかり、どのスタッフが、どの時間に、どのような動きをするのかなどが明確になります。時間に応じたスタッフ人数も決定できるので、必要最低限の運営体制の見積もることができます。何よりも作成の過程を通して、当日の進行イメージを深めることができます。

滞りのないインターンシップ運営の第一歩は進行スケジュール表の作成といっても過言ではありません。本記事をお読み頂いた特典として、下記より、自社のインターンシップに即した進行タイムスケジュールが作成できるフォーマットシートを用意しました。ご希望の方はダウンロードし、ご活用下さい。

また、以下の点についても事前に決めておけると当日バタバタするようなことがなくなります。ご参照下さい。

◎役割分担について
スタッフの役割を明確にし、いつ誰がどのように動くのかをタイムスケジュールに記入しましょう。主な役割としては、進行役、受付、学生誘導、音響・照明、タイムキーパーなどがあります。また、参加者、スタッフ、プログラム進行状況、会場などを全て把握し、不測の事態を未然に防ぎ、もし何かが起こった場合は、適宜、判断、決断を行う「運営統括」といった役割も置けると安心できます。もちろん、各役割は兼務で構いません。

◎席の配置について
「席の配置をどんな形式にするのか」という点は、インターンシップの満足度を大きく左右します。席の配置パターンは以下の6パターンでほぼ網羅されると思います。自社の目的にあわせた最適な配置をお考え下さい。

席配置

3)採用成果につながるインターン進行に外せない工夫

b44b34a33f2069ebed12751a3b1fe36f_m当日のちょっとした進行の工夫で、インターンシップの満足度は大きく向上します。その事実を知っているか、知らないかで採用成果が大きく変わります。本記事では、そんなちょっとした進行の工夫を3つ(「①マインドセット」「②フィードバック」「③振り返り」)ご紹介します。

①マインドセットについて
インターン初日のスタート時。このまさにこれからプログラムが始まるというタイミングで、学生のインターンへの参加姿勢を整えてあげることで、その後のプログラムの参加意欲が大きく変わります。具体的には、「インターンシップを実施する理由」「このインターンシップにかける思い」「このインターンシップでの学生への接し方」「このインターンシップでの学生への期待」などを伝えます。
例えば、インターン導入で、「インターン生として受け入れる皆さんのことは、お客様ではなく、イチ社員のように考えている。だからこそ、私達社員も本気で皆さんに向き合うつもり。皆さんもお客さんとして参加するという感覚ではなく、本気で取り組んで、成果を上げるといった主体的な気持で参加してもらいたいと思う。」といったことをインターンの導入で伝え、「前のめりに参加してもらう雰囲気作り」を行って下さい。

②フィードバックについて
学生のインターンシップへの参加目的で最も上位を占めるものが「自分の成長のため(41.5%)」です。(※2015 年度日経就職ナビ「インターンシップに関する調査」より)学生は、インターンシップに参加することで、何かしらの成長を望んでいます。また、ジョブウェブの調査によると、インターンシップを選ぶ際に重視しているプログラムとして約85%が「フィードバックがあるかどうか」を挙げます。(2015年度 ジョブウェブ「インターンシップ振り返りアンケート」)
つまり、学生はインターン中に、自分が取り組んだ仕事や課題について社員から評価やアドバイスを聞けて、かつ、その過程を通して、自分を成長させたいと思っているのです。事実、社会人目線、プロのビジネスマンとしての視点で、厳しくフィードバックを行うインターンシップが学生の口コミを生み、例年参加者が途絶えないといった例もあります。自社のインターンでは、どのような機会に、誰から、どのようなレベルで、フィードバックしているでしょうか?今一度整理してみて下さい。

③振り返りについて
インターンシップでは、学生に学びの機会、気付きの機会を数多く提供できます。その機会をしっかりと学生の中に残してもらうことができると、『数あるインターンの1つ』から『印象に残ったインターン』に昇華します。学生の学び、気付きを学生自身の中に落としこむために有益なのが「振り返り」です。1dayでも、複数日インターンでも、1日1日の終わりの30分程度は振り返りの時間として確保し、「その日のプログラムで何を学んだのか?」「その学びは自分にとってどのような意味があるのか?」を考えてもらい、学生同士でシェアしてもらうと効果的です。
また、インターンスタート時に、個人で目標を定めさせて、1日の終りの振り返りで「その目標に対してどうだったのか?」を考えてもらうのもオススメです。

4)インターンシップ計画シート 運営編 (進行タイムスケジュールシート)について

以上が、インターンシップの「運営」についての記事になります。上記でもお伝えした運営で最も大切な進行タイムスケジュール表のフォーマットシートもダウンロードの上、ご活用頂ければと思います。
※本記事に該当する計画フォーマットシートは「運営編」になります。ご希望の方は運営編のチェックボックスにごチェック下さい。

また、弊社ジャンプは、ここには書ききれませんが、インターンシップ運営の具体的な実施事例や工夫など、色々なノウハウが溜まっております。インターンシップにお悩みの場合は、以下、お問い合わせより、お気軽に一度ご相談頂けると幸いです。

komidori

小緑直樹

クライアントパートナー

「採用」や「組織」に関わる仕事は、よりよい日本、さらにはよりよい世界を創っていく上での最適な人材活用に携わる ことだと思っています。そんな大きな思いを忘れず日々仕事に打ち込んでいます。趣味のジャグリングはいつでも披露します!

最新記事

注目の記事

アクセスランキング