Jump 働きたくなる会社を、日本中に。

事例紹介

JFE商事株式会社さま

「昨年との比較で一喜一憂する採用は、卒業する。」
~Only1Campオープン講座、受講の感想~

JFEグループの中核商社として、国内外に幅広い鉄鋼製品を取り扱っているJFE商事さま。その強みである「提案力・発信力」を実現する組織づくりをリードする人事部は、若手が活躍するフレッシュなチーム。新卒採用を中心に、アグレッシブな活動を続けています。

今回7月2日のOnly1Campオープン講座に参加いただいた中原さんに、講座の感想とその後の取り組みについてうかがってきました。

【Q】自社の採用に、どんな課題を感じていましたか?
「鉄」というテーマは学生からするととっつきにくく、興味をもってもらうことが難しい。でも実は非常に可能性が大きなマーケットなんです。その興味喚起や母集団形成の手法をどうするか?どうやったらもっと、JFE商事の認知を広げることができるのか?その議論を毎年続けてきました。

【Q】この講座に参加を決めた理由はなんですか?
実は人事部の先輩だった澤口というものが以前ジャンプさんの研修に参加しており、「人事としての視座が上がった」と聞いていました。今回ジャンプさんから私の上司の丸山に講座のご案内をいただき、私が指名されて参加できることになりました。春に澤口が異動になっており、私が新卒採用の振り返り~企画をリードするミッションになっていたため、「よし!」と思いましたね。

【Q】受講しての感想を教えてください。
まず何より、これまでいかに「手法論」に寄っていたかと痛感しました。先ほどお話しした「課題感」そのものですが、毎年どんなツールを使うのか?どんなイベントに?インターンはどうする?など、部分的な手法論が議論のほとんどになっており、自分たちで採用戦略の全体像を考えるという視点がもてていなかった。また、「相対的な自社らしさの自覚」もあいまいでした。同業他社と比較されることも多いのですが、JFE商事ならではの魅力って何なのか?そこを掘り下げる必要性と、掘り下げるためのフレームワークを学ぶことができたのは特に大きかったと思います。

【Q】その後自社にもどって取り組んでいることはなんですか?
上司も交え、人事部内で今年の新卒採用の振り返りをやりました。これまでは昨年との比較で一喜一憂していたのですが、講座に参加した私としては、もっと抜本的に変えたいと。でも実は、みんな変えたいと思っているんですね。じゃあどこからどうやって変えていくか。講座で学んだフレームワークを活用し、「つかむ力・口説く力」を高めたい。ターゲットごとにストーリーを設計していこう。その実現のために、どのように当社の魅力を発信すれば良いのか?学生さんに「JFE商事に入社したい!」と思ってもらえるのか?そんな議論を進めています。

【Q】今後チャレンジしたいことを教えてください。
私自身も入社から3年目となり、後輩も入ってきて、あと数年で人事部を離れるんだと思います。だからこそ、何か爪あとを残したいじゃないですか。中原が採用をこんなふうに変えたぞ、良くしたぞって。そのために、採用チームの「ビジョン」をつくりたいと思っています。なにかこう、チーム全体がワクワクするような。どうしても採用活動がスタートすると目の前のことに追われやすくなってしまうと思うけど、ビジョンがあれば目線を高く保てるし、年々改善の継続をすることも可能になることに気づきました。もう少しでその答えも出せそうなので、がんばりますよ!

CLIENT

JFE商事株式会社さま

鉄鋼製品、鉄鋼原料、資機材、不動産等の国内取引、輸出入および外国間取引

従業員数
(連結)8,153名 ※2019年3月31日現在
設立
1954年1月
URL
https://www.jfe-shoji.co.jp/

SERVICE

教育研修

KEYWORD:


Contact Us

ふわっとした悩みから、明確な課題まで。採用力に関することは、何でもお気軽にご相談ください。