Jump 働きたくなる会社を、日本中に。

STRUCT REPORT
採用広報

御社の「求める人材」は、他社と同じですか?

内田直樹

そろそろ、2018新卒採用が始まりますね。人事の方々は、インターンシップ真っ盛り!採用サービス会社は、コンペ真っ盛り!と言ったところでしょうか。僕たちもこの時期になると、色んな企業さんに呼ばれ、たくさんのご相談を受けます。

その中で腑に落ちないことが多いのが、「求める人材像」を伺うときです。企業さんによっては、社内で議論したうえでオリエンシートにまとめてくださることもあります。でも、その中身はほとんどの場合が「チャレンジ精神があって、コミュニケーション力が豊かで、自立心と自発性がある人材」というような紋切り型のものばかり。これじゃ「求める人材は、優秀な人材です」「他社とだいたい同じ人を求めています」と言っているのと同じなんじゃないの?と思ってしまうことがあります。

確かに、仕事経験のない新卒学生のポテンシャル採用なので、求める資質がある程度漠然としてしまうのは仕方ないことかもしれません。また、大企業になるほど配属部門が多岐にわたるため、採用の時点では偏りのないいわゆる「優秀な人材」を求めるのもとても理解できます。

でも、「求める人材像」は、企業から学生へのメッセージでもあると思うのです。採用上での差別化ポイントにだってなりえます。それが他の企業と同じようなメッセージじゃ、もったいなすぎます。企業の個性が感じられ、さらには企業の目指すビジョンや戦略が見え、「それって、オレ(私)のこと?」と振り向いてもらえるようなものにしたいものですよね。

手前味噌で恐縮ですが、去年、インタースペース様の新卒採用サイトは、そんなことを意識しながら制作させていただきました。

■インタースペース様 新卒採用サイト
https://www.interspace.ne.jp/fresh/

コンセプトは、「できない人、募集」。求めるのは「次々と新しい事業を創出できる、誰にも真似できないような発想力と行動力が豊かな人材」。だからこそ、何でもそつなく「できる人」よりも、たまに0点取るけどたまに150点とる「できないことは多いけど、できることはとんでもなくできる人」がほしい。そんな思いを、「できない人」というエッジを立てたメッセージにしました。

一見、ネガティブアプローチではありますが、その分、インパクトがありますし、ユーモアもあります。また、ポジティブでポップなデザインで全体のバランスも取っています。その結果、例年以上に学生の食いつきがよく、インタースペース様らしい人材と出会うことができたというお話を伺っています。

ここまで振り切るのは、正直、かなりの勇気と覚悟が必要かと思いますし、合う企業とそうでない企業もあると思います。ただ、「求める人材像=学生へのメッセージ」ということを表現しようとした例として、少しでも2018新卒への参考になれば嬉しく思います。

内田直樹
コピーライター/ディレクター

じっくりとヒアリングを繰り返し、課題発見、企画提案から取り組む「対話型モノづくり」を信条としています。クリエイターである前に、信頼できる相談相手でありたい。最近始めた野球では、長打が打てるようになりたいとバッティングセンターに通う日々です。


Contact Us

ふわっとした悩みから、明確な課題まで。採用力に関することは、何でもお気軽にご相談ください。