経営ジャンプ

採用、組織、研修、販促、働き方を語るメディア

Powered by
Jump

recruiting

採用戦略企画プログラムOnly1Campの「オープン講座」はどんな感じだったのか?

採用

ついに開講しましたOnly1Campのオープン講座。今回は、その開催レポートをお送りいたします!

無題1

上記のとおり、7月2日(火)と10日(水)に開催。あわせてちょうど30名、25社の採用担当者の方々に受講をいただきました。2日間を通じて、当日キャンセルは一人もなし!全体の風景はこんな感じで、終始ホットな雰囲気で進んでいきました。

無題2

って、この写真じゃホットさは伝わりにくいか・・・。

さてこのオープン講座は、「採用戦略のフレームワーク」をたった半日で習得できるもの。具体的には以下のテーマについて、秘伝のテキストBookをつかった講義と、個人ワーク~ペアシェア~学びメモというアウトプットを通じて、理解を深めていきました。

1.採用戦略概論
2.ビジョンメイク
3.コンセプトメイク
4.チャネル設計
5.ストーリー設計
6.コンテンツ企画
7.シミュレーション設計
8.ロードマップ設計

このテーマだけ見ても「なんのこっちゃい」だと思いますが、8つすべてが採用戦略の全体ストーリーとなっています。どうしても属人的になりやすく、みんな手探りでやっている人材採用。しかしこの「採用戦略のフレームワーク」を習得することで、目の前の霧が晴れていく。そんな実感を、受講者のみなさんには感じていただけました。

アンケートに、

Q.他の人にも勧めたい講座内容だった
とてもそう思う/そう思う/あまり思わない/思わない

という質問を入れさせていただいたのですが、なんと30名中24名が「とてもそう思う」、残りの6名の方も「そう思う」という非常にうれしい回答をいただけました!

--ここからは、回の最後に一人一言いただいた感想から一部を抜粋して共有します--

<D社 新卒採用担当者さま>
ここ数年採れているが、実はマイナーチェンジしかできていなかった。マーケットの変化にあわせて進化させていかねば。その社内合意形成をすすめていきたいと思った。

<C社 採用担当者さま>
採用チームだけいつも忙しい。「経営、現場はなぜわかってくれないんだろう」と思っていたが、ビジョン、コンセプトを自分たちが伝えていなかったことがわかった。

<P社 人事管掌役員さま>
ベンチャーで15年人事を見てきたが、完全に自己流でやってきた。一貫性のあるフレームワークは素晴らしい。今後、どのレイヤーのどの会議体で話し合っていくのか考えたい。

<G社 人事責任者さま>
人事が経営を説得するには、事実とデータ持つ必要がある。もっと現場も巻き込んでいきたい。採用はマーケティング。会社の価値を高めていきたい。

<J社 新卒採用担当者さま>
1年目から人事。手探りで採用、内定者フォローしていた。今年3年目で自分がリーダーとなり企画を考えるフェーズに。ロジックをもって説明できるようにしたい。

<J社 採用担当者さま>
今まではナビで集めてふるいにかけて、という採用しかしてこなかった。今年1月に入社して、社内で行われているロジックある採用が理解できていなかったが、今日のフレームワークを使って社内でも会話ができそう。

<J社 採用企画担当者さま>
ビジョン、事業分析をやってみて、学生には「自己分析」というのに、自分たちのことは全くできていなかった。会社が大きいので、ロジックやフレームワークを使って社内を巻き込みたい。

<T社 採用チームリーダーさま>
現在、20卒をやりながら21卒を考えないといけない状態。前任の企画書が素晴らしいが、フレームワークを使ってよりブラッシュアップできる自信がついた。

<E社 採用担当者さま>
今年6月から人事。ベンチャーから上場して、今は大手まで行かない中途半端なポジション。大手にもベンチャーにもバッティングして負ける。これからの戦略について、ロジックを持って経営陣を説得していきたい。

<T社 採用担当者さま>
18卒入社で現在2年目。去年10月~採用担当となり運営メインだったが、21卒から1人で企画・運営を任されている。どう進めていけばよいか、社員の巻き込みをどうしたらいいのか、道筋が見えた。

<M社 採用部門執行役員さま>
新卒だけでも数百名採っている。ある程度できてはいたが、まだまだ分析、計画は甘かったと実感。分析で出てくる課題は、経営と直結する。経営を動かすにはロジックが必要だと痛感した。

<C社 採用チームリーダーさま>
採用活動には登場人物が多い。このフレームワークを使えば面接官に説明しやすい。「人事ちゃんと考えてるな」と思ってもらえるはず。

------

このように、

●「最近採用担当になった方」は、進むべき道筋と方法論が見えてくる。

●「長年採用に奮闘してきた方」は、ロジックを武器に課題をひもとくことができるようになる。

という価値を提供できたと、(手前みそながら)実感しました。

個人ワークに真剣に取り組む様子や、ペアセッションで盛り上がる様子はこんな感じ。

無題3

無題4

無題5

無題6

無題7

あらためて、

日本中の採用担当者はフレームワークを身につけるべきであり、企業の永続的な成長には戦略的な採用が必要だ!

と実感した次第です。

というわけで、次回もやります!Only1Campオープン講座。

次回は、

10月8日(火)の午後
10月16日(水)の午後

の2日程で開催する予定です。詳しくは別途ご案内&お申し込みのページをつくりますので、興味をもっていただけた方は、ご予定を空けてお待ちください(笑)

masubuchi

増渕知行

代表取締役 クライアントパートナー

理想を追求し続けたら、起業に行きつきました。ジャンプは自分の人生そのものです。ジャンプはクライアントにとって、頼れる同志であり続けたい。社員にとって、燃える場所であり続けたい。約束は守る男です。週末は野球がライフワーク。

最新記事

注目の記事

アクセスランキング