BLOG
月刊 語る増渕

激動の2019年は、どう生きた?

12月です。年末です。
やはりこの時期、振り返りをすべきですね。

今年の年初、こんな記事を書きました。

激動の2019年は、こう生きる!

あらためて読むと、

世の中は激変し続けてきたわけで、それをポジティブにとらえて楽しむのか、
ネガティブにとらえて苦しむのかは、古来よりずっと自分次第ですね。
言わずもがな、ポジティブにとらえて楽しみたいと思います。

なーんて書いてましたね。
さて、実際はどうだったんでしょう?

変わった気はするけど「激変」というほどなのか?
いや、変化の渦にいるときは、それには気づきにくいもの。

ポジティブにとらえて楽しめたのか?
うーん、、、必死すぎて「楽しめた」とは言い切れない気が・・・

でも「楽しめた」気はしなくても、今年も「楽しかった」とは言えるかな。
この1年あらたなチャレンジしまくって、ここにきて手ごたえ感じるシーンが増えている。

そろそろ「収穫の時期」を迎えたいなぁ。
いや、仕込んでいるときこそが「楽しい」のかもなぁ。

てなこと考えながら、あと1カ月がんばって、気持ちよく年越しします!