BLOG
月刊 語る増渕

講座をはじめて気づいたこと。

昨年立ち上げた、採用チーム向けのコーチングプログラム「Only1Camp」。
そのコアメソッドである「採用戦略のフレームワーク」を半日で習得できる、
「オープン講座」をこの7月からはじめました。

7月に2日程、10 月に2日程。
合計51名の採用担当者、責任者の方々に受講をいただき、
たいへん好評をいただいております。

この講座をはじめて、「対社会」と「対自分」の視点で気づいたことがあります。

まず「対社会」について。
これは、「採用戦略の考え方を教えてもらった人事は皆無に近い」ということ。

属人的になりやすい採用活動は、引継ぎもままならず、感覚的に進められていた。
結果的に新任担当はとまどいながら模索する期間が長くなり、
ベテランもなにが本質的な課題かを特定しにくくなっていました。

採用戦略のフレームワークを活用することで、その方々の視界がパーっと広がる。
この提供価値の高さに、手前味噌ながら気づきました。

次に「対自分」について。
これは、「おれって人に何かを教えるのが嫌いじゃないんだ」ということ。

もともと営業系のキャリアを歩んできたので、自分でやっちゃったほうがストレスない
タイプだと認識していた面があるのですが、実はそうでもないな、と。

自分のノウハウを教えて、その人が何かに気づいたり、できるようになること。
この醍醐味を実感している自分の特性にも、気づきました。

最近メンバーからは、「講義しているとき楽しそうですね」って言われます(笑)
教職家系のDNAが、あるのかもしれませんね。

10月の講座は、終了後に人事交流会もやりました。
開催レポートアップしましたので、そちらもご覧ください。