経営ジャンプ

採用、組織、研修、販促、働き方を語るメディア

Powered by
Jump

recruiting

2019年卒就職企業ランクイン企業のPRポイントの共通点とは?

採用

先日、日本経済新聞社とマイナビによる2019年卒対象の就職企業ランキングが発表されました。
ランキングの詳細は、こちらからご覧になれます。
https://saponet.mynavi.jp/

そこで、ランキング企業の中でも大きく順位が上昇した企業2社と地方の人気企業2社をピックアップし、
採用広報(主に、採用ホームページ)でどんなPRをしているのかと思い分析してみました。
そこには、共通しているポイントがいくつかあることがわかりました。
c12d3cd4bc6cfb632d6afef3403ccf7c_m
●Sky株式会社(文系総合39位 前年順位70位 ※上昇ランク31)
https://www.sky-recruit.jp/
・明確かつわかりやすい採用コンセプトとキーメッセージがある。→ 「好きだから働く。『好働力』」
・新入社員や先輩社員の紹介人数がハンパじゃない。→その数、新入社員約70名。先輩社員17名。
・数字で会社の等身大を伝える。→社員定着率、定時退社日実施率、現在育児休業中の人数 等。
・学生が気になる情報が網羅されている。→評価制度、教育体系、働き方改革の取り組み。
・SNS(Instagram)の活用。→社内の雰囲気を中心に投稿。

●総合メディカル株式会社(理系総合52位 前年順位164位 ※上昇ランク112)
http://www.sogo-m.jp/pharmacist/
・薬剤師希望の学生が気になる情報が詳細である。→キャリア形成(社内公募制度や自己申告制度)、豊富な研修制度。
・ワークライフバランスを充実させるための情報が詳細である。→福利厚生(妊婦通院休暇、連続休暇制度 等)。
・数字で会社の等身大を伝える。→キャリアフィールド、借上社宅利用人数、産休育休取得数 等。
・先輩社員の一日の流れがイメージしやすい。→ONとOFFの情報が充実。
・採用パンフレットをPDF化しホームページと連動させている。

●アイ・ケイ・ケイ株式会社(九州・沖縄エリア1位)
http://ikk-wed.jp/recruit/
・明確かつわかりやすい採用コンセプトとキーメッセージがある。→「感動をつくる人『未来に残る、感動を』」。
・いろんな切り口からのプロジェクトストーリー。→街づくり、新規事業、ビジョンづくり、海外進出。
・社員紹介情報が豊富である。→社員紹介9名、部署紹介11職種(=先輩紹介となっている)。
・数字で会社の等身大を伝える。→女性管理職の割合、復帰社員率、時価総額順位、株主数順位 等。
・TOPセミナーの内容をPDF化しホームページと連動させている。

●オハヨー乳業株式会社(中国・四国エリア1位)
http://recruit.ohayo-milk.co.jp/index.html
・明確かつわかりやすい採用コンセプトとキーメッセージがある。→「世界一になる覚悟はあるか。」
・歴史から自社の取り組みを紹介。→創業当時(1953年)~現在までのエポックメイキング的な出来事を紹介。
・ひとつのプロジェクトを様々な視点から紹介。→ひとつの商品が企画からお客様の手に届けられるまでを紹介。
・社員紹介情報が豊富である。→役員2名 社員紹介6名 計8名の紹介。
こうしてみると共通のポイントは、下記3点にまとめられるようです。
●自社らしく、学生に刺さりやすい、自社の独自価値を伝えている→採用コンセプトとキーメッセージが明確にある。
●自社の“らしさ”をわかりやすく伝えている→数字で伝える、歴史を紐解き伝える、プロジェクトで伝える。
●自社の仕事を豊富に伝えている→職種や先輩情報の紹介が豊富である。
番外編として、
●ホームページ以外のツールと連動させている→InstagramやPDFパンフレットとの連動をしている。
といった点も見逃せませんね。
6a5a43145173d7169b36713068e975c3_m
いかがでしたでしょうか?
採用ホームページを新規制作、あるいは、リニューアル制作するときには、上記のポイントを意識しながら内容の検討をしていただくと良いかもしれません。なお、弊社でも、上記ポイントが網羅されている採用ホームページ制作の実績が多数ございます。
ぜひ、ご覧ください。(下記弊社ツール事例です)
http://jumpers.jp/project/1564

yoshida

吉田健志

取締役 クライアントパートナー

モットーは「素直・感謝・謙虚。そして、情熱的に」。常に、感謝の心を持ち、謙虚な姿勢で、素直に耳を傾け、お客様のステージUPに汗をかきながら伴走することを誓います。趣味もジョギングで、皇居などでの伴走も大歓迎です(笑)

最新記事

注目の記事

アクセスランキング