経営ジャンプ

採用、組織、研修、販促、働き方を語るメディア

Powered by
Jump

recruiting

続いてのニュースは、2017年度の新卒就活調査【学生編】です。

採用

17卒学生さんと18卒学生さんの就活に関する最新アンケートが公開されています。そのなかから、いくつか内容をピックアップして紹介したいと思います。
--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-SAYA0I9A8598

■1dayインターンシップ、17卒予定学生に超人気でした。

■インターンシップの参加期間(インターンシップ参加者/複数回答)
1位:1日         57.7%(昨年比4.5%UP)
2位:3日以上1週間未満  35.5%(昨年比1.7%UP)
3位:1週間以上2週間未満 17.1%(昨年比1.9%UP)

引用元:株式会社リクルートキャリア 就職白書2017—インターンシップ編—

1dayインターンシップを実施する企業も増えているので、比例して参加学生も増えているというのもあると思います。なんにせよ、学生にとっては1dayならいろんな会社を見てまわれるし、企業にとっては長期インターンに比べると実施もラクなので、お互いWin-Winなインターンなのかもしれません。

■17新卒採用ではスマホ就活、微増。

■スマートフォンとパソコンの活用
1位 スマホとパソコンを半々で使い分けた 35.6%(昨年比4.7%DOWN)
2位 パソコンが殆どでスマホを時々使った 25.5%(昨年比0.9%DOWN)
3位 スマホが殆どでパソコンは時々使った 20.0%(昨年比5.3%UP)
4位 スマホは使わずパソコンだけで活動した 7.3%(昨年比3.1%DOWN)
5位 パソコンは使わずスマホだけで活動した 6.5%(昨年比1.7%UP)

引用元:一般財団法人雇用開発センター:2017年卒大学生就職活動調査(第一回)の結果速報

卒論もスマホのフリック入力で書く時代です。昨年比から考えると、じわりじわりとスマホがメインの就活になってきていますね。ただ、1位2位を見るとPCの存在感は強いです。まだまだPCを主流と見るか。それとも、スマホに最適化されていない就職サイトが多く、スマホでは使いづらいため、学生は仕方なくPCを使っていると見るか。さて、どちらなんでしょうか。個人的には、後者だと思っています。

■18卒業予定学生、2017年1月時点では安定志向。

■就職先企業を選ぶ際に重視する点
1位 安定している 47.6%
2位 将来性がある 43.9%
3位 給料・待遇が良い 36.7%
4位 職場の雰囲気が良い 29.8%
5位 福利厚生が充実している 26.8%

引用元:株式会社ディスコ キャリタス就活2018 学生モニター調査結果(2017年1月調査)

18卒予定の学生にとって2017年1月なんて就活序盤です。「何を軸にして企業選びしたらいいかよくわかんないし、とりあえず大企業とか給料とか?」というのがホンネのような気もします。実際、一通り就活を終えた2017年卒予定の学生に企業選びで重視している条件を聞いた調査では、1位:業種 2位:勤務地 3位:職種 4位:安定性 5位:一緒に働きたいと思える人がいるかどうか(引用元:株式会社リクルートキャリア 就職白書2017—採用活動・就職活動編—)となっています。

■18卒業予定学生、ワークライフバランス重視。

■働き方について気にしているポイント(複数回答)
1位 長時間労働やサービス残業 59.9%
2位 ブラック企業か      56.5%
3位 有給休暇の取得のしやすさ 46.2%
4位 結婚後の待遇、働き方考慮 44.0%
5位 時短・リモートワーク・副業OK 30.5%


7位 がむしゃらに働くことも厭わない 11.8%

引用元:株式会社i-plug 就活生を対象に『働き方』に関する意識調査

アンケートの選択理由もいくつか紹介します。「仕事は賃金を得るための手段と考えたい。自分のプライベートや家族など、その他の生活を犠牲にして働くことは避けたい」「働くにあたって、社会人1年目の周りのことを何も知らない新人がワガママを言える立場ではないと思う」「副業していかなれければ、生計をたてていけない時代になっていくだろうと思うから」これも、特に驚きのある回答ではありませんね。いろんな意見がありますが、仕事とプライベートをあわせて自己実現していきたいという考え方が多数派をしめていました。

■すでに、内定取得済みの18卒業予定学生も。

■選考状況について(2017年2月時点)
選考中の企業がある 26.7%
内定を得た 4.2%

引用元:株式会社ディスコ 2018年3月卒業予定の全国の大学3年生(理系は大学院修士課程1年生含む)を対象に、2月1日時点の就職意識に関する調査

「選考中の企業がある 26.7%」は、去年と同時期の就活生は22.6%だったため、より速いペースで就職活動が進行していることになります。また既に内定を得た学生の64.8%が、インターン参加企業からの内定だそうです。18採用においては、優秀な学生の早期確保を目的としたインターンがより増えていきそうですね。

tanabe

田邊宏明

コピーライター/ディレクター

広告は、目立ってナンボの世界でもあります。ただ、たとえ派手さはなくても、相手のことを思いやる人間らしい誠実なスタンスこそが、人を動かすということを忘れないでいようと思います。腹の肉を追いやるため、なにか運動をはじめようかと思案中。