経営ジャンプ

採用、組織、研修、販促、働き方を語るメディア

Powered by
Jump

management

ジャンプの従業員満足度調査を実施しました!~結果報告~

組織マネジメント

b0b48d32b7a3013fe8c67f1d02765f32_m2
前回の私の記事では、従業員満足度調査実施の意義とポイントについて簡単にお伝えするとともに、ジャンプ社内でも実施するとお知らせしました。今回はその実施結果についてご報告したいと思います。

◎従業員満足度調査実施の意義とポイントのおさらい

まず調査実施の意義とポイントについておさらいしておきます。
・意義:社員から信頼される会社になるため。経営課題を発見するため。
・ポイント:
① 目的を明示する(何のためにやる調査なのかを、社員に明確に伝える)
② 結果を公表する(調査の結果がどうだったのかを、社員に公表する)
③ 対応を約束する(結果から会社として何を考えたのか、どう対応するのかを、社員に約束する)
④ 約束を実行する(社員に約束した対応策を実施し、次の調査にて効果を測定する)→①へ

ジャンプおける調査の目的は、ミッションである「働きたくなる会社を、日本中に。」を自ら体現するためです。結果から見えたことは、ジャンプのメンバーがもっとも重要視している項目と不満に思っている項目はそれぞれ以下のとおりでした。

◎重要視している項目について

・顧客満足を徹底的に追求している
・自由で個性を尊重してくれる風土である
・お客様からの感謝を直接実感できる
・自分のアイデアや工夫を仕事に反映できる

重要視していることに関してはおおむね、満足度も非常に高かったので、メンバーにとっては今のところよい環境と言ってよいかと思います。経営陣もここを重要視しているため、メンバーとの意識にずれがないことも確認できました。ただ将来どこかで方針転換をおこなう際は、ここを慎重に考えないといけないとも言えるでしょう。

◎不満に思っている項目について

・企業ブランドが一般的に浸透している
・平均年齢が低く若手の社員が多い
・快適な職場環境を整えている
・上場や大手資本による財務基盤を確立している

不満に思っている項目というタイトルにしてしまいましたが、実際は不満とは言えないかもしれないと判断しています。どういうことかというと、これらは重要度より満足度が低く、かつその差が大きい項目をピックアップしており、重要度が高ければ確かに不満と言えると思いますが、今回はいずれの項目も重要度が低い数字であったためです。そもそもジャンプは採用候補者とよく話し合いますし、オフィス内から経営数字まで見てもらいますので、これらを重要視している人はそもそもジャンプを選ばないのかもしれません。ただ、長期的な経営視点に立ったときには、若手社員を増やしていった方がいいと判断しております。よって、未来のメンバーのためにも快適な職場環境を整えていくことは重要なことだと考え、2017年末にオフィスを移転しました。移転プロジェクトを立ち上げ、短期間かつ低予算ながら、物件から内装までこだわり、ちょっとオシャレであたたかみのあるオフィスができたと思っております。興味のある方はぜひ見にいらしてください。

◎調査結果の活用と今後の方針について

これらの調査結果は報告書にまとめ、全社メールで社内に公表いたしました。また全社ミーティングの場でメンバーに解説をしました。今後も定期的に実施して行く方針ですが、調査結果を経年比較していくことでメンバーの意識の変化に敏感に気づくことができるようにしたいと思います。これによって変化に対して柔軟かつ迅速なアクションをしていきたいと考えますし、また会社のこのような姿勢を見てもらうことで、メンバーからも信頼され続ける会社であり続けていきたいと思っております。

tsuji

辻隆斗

取締役 クライアントパートナー

前職は人事を担当。会社全体の仕組みから社員一人ひとりのケアまで、幅広い視点から会社や組織の活性化に貢献します。既存の概念にとらわれることなく、常に柔軟に考えることを心がけています。趣味は料理。食べるのも作るのも大好き!

最新記事

注目の記事

アクセスランキング