BLOG
月刊 語る増渕

ワールドカップで印象的だった、
闘莉王選手の言葉。

ちょうどいいタイミングなので、ワールドカップの話題を。

おととい残念ながら、日本代表は決勝トーナメント一回戦で敗退しました。
しかし戦前の期待値は「1勝もできないんじゃないか」という声が多数占めていたなか、
予選を突破してベスト16という見事な結果を出してくれました。

その要因はなにか。
私はサッカーは詳しくないので戦術面は正直わからないのですが、
自分なりに感じたことがあります。

それは、「自己理解の大切さ」です。

私が今回のワールドカップで一番印象に残っているのは、闘莉王選手のこのコメントです。

「へたなりにやり方がある」

つまり、「俺たちはへたくそなんだから、がむしゃらに、泥臭くいこう」という意志です。
ワールドカップをみていると、「やっぱり強豪国の選手はうまいなぁ」と思います。
いわゆる「テクニック」の面で。

一方今回の日本代表を見ていると、「よく走ったなぁ」と思うのです。
でも相手よりも走り、それを続けることって、
体力や体調以上に「意志」だと思うんですよね。

その意志を生み出した根底に、
「自分たちはへたである」と認める「自己理解」があると思うのです。

サッカーに限らず、人や組織が成長するための大切な土壌が「自己理解」だと思います。
自己理解が低い人は、自分の「強み・弱み・特性」を
理解できていないということになります。
そういう人には、何度同じアドバイスをしても行動変革につながらない。
「うん、そうそう」と思っていただける上司や経営者の方は、多いのではないでしょうか。

ちいさいころから「サッカーの天才児」だった人たちの集まりである日本代表の選手が、
「自分たちはへたくそである」と認め、公言することは、
なかなか難しいことだと思います。

「自分(たち)も常に自己理解を意識し、謙虚であり続けるぞー」と思った、
ワールドカップでした。

岡田監督、選手の皆さん、お疲れさまでした。