BLOG
月刊 語る増渕

企業にとっては、景況感が変化しても
ずっと変わらない永遠の悩みがある。

最近発表される四半期決算をみると、大手メーカーを中心に、
業績が急回復している企業が多いですね。

リストラも一巡し、新卒・中途ともに採用意欲も上がってきていると感じます。
IPOしている人材ビジネス企業の業績をみても、
採用マーケットが元気になりはじめていると感じます。

しかしそれはまだ「芽吹き」のレベルであり、中小企業を中心に経営者の本音は

●総人件費を増やさずに、1人当たりの創出利益を高めたい

というところにあると、強く実感します。
他にも

●業務レベルの底上げを図りたい
●若手社員の戦力化を早めたい
●組織全体の業務生産性を高めたい
●自ら成長する風土を確立したい

といった声を、多数うかがいます。

これら、「現場力の向上(既存社員のパフォーマンス最大化)」というテーマは、
景況感に関わらず、永遠の課題ですよね。

ジャンプ的に申し上げれば、
「カンパニーフラッグ」で定義する「バリュー」の発揮レベルの最大化。
それが「個人」のレベルでなく、「組織」のレベルで実現されることが重要となります。

では、現場力の向上を難しくしているのはどんな要因で、
どうすれば今の現状を打破していけるのか。

それについては、来月また語らせていただきます!

暑い夏が続きますが、熱く乗りきりましょう!!