BLOG
月刊 語る増渕

4月になるたび思い出す。
新聞奨学生としてスタートをきった、
上京したてのころの記憶。

4月って、いいですよね。「人生の節目感」が好きです。
入学、入社。進級、昇格。新チーム、新体制・・・。
「心あらたに4月から!」という方も、多いのではないかと思います。

私も4月に体験した「人生の節目」がいくつかあります。
もちろん社会人1年目の「入社」も強く印象に残っていますが、
もっとも印象的なのは、大学に入学したときの節目です。

今となっては意外と言われますが、私は高校時代、無気力人間でした。
転機になったのは高3の夏で、そこから本気で勉強して、なんとか大学に受かりました。

目標を決めて、プランを立て、徹底的にやりきる。
そして目標を達成したときの快感を、はじめて味わったのがこの大学受験です。

で、進学先が決まり、卒業までの間って、ちょっと時間がありますよね。
その間なんだかモヤモヤしていたんです。
このままだと、「なんとなく大学生活を4年間送る」ことになりそうな気がして。
せっかく味わった「本気で生きる感覚」を、また失ってしまう気がして。

そんなとき、たまたま見ていた大学総覧で見つけたのが、
「新聞奨学生」の募集広告でした。
読んでみると、住み込みで新聞販売店の仕事をすることで、学費がかからなくなる。
「おー、これはちょっと厳しそうだけど、すごくいい経験がつめそうだ!」と
直感的に思い、即決で応募を決めたのでした。

特に選考もなく合格通知が来て、親に事後報告で保証人になってもらい、
春からの新聞奨学生生活が決定しました。

そして高校の同級生よりもいち早く、研修のために上京。
まだ桜も咲かない肌寒い時期の、代々木オリンピックセンターでした。
あの陸橋を渡るときのなんとも言えないドキドキ感、いまだに覚えています。

二泊三日の研修を終えると、配属先となった新宿店の店長と先輩が、
タクシーで迎えに来てくれました。
同期で配属された役者志望の専門学校生、鈴木雅也くんと一緒でした。

結果として私はここからの4年間で、
期待どおりにかけがえのない経験を得ることになります。
あのときたまたま新聞奨学生の広告をみつけていなかったら、
まったく違う人生になっていたことでしょう。

4月が来るたびに、あのときのことを思い出します。
たまには思い出すだけじゃなくて、こうやって文字に落としてみるのもいいもんですね。

来年の4月は、新社会人になったときのことを書いてみようかと思います。