BLOG
月刊 語る増渕

秒針・分針・時針の3つを常に持て。

梅雨が明け、暑い日が続き、夏を実感する日々。
8月は、ジャンプの決算月です。

この1年でもいろんな変化がありましたが、一番変わったのはご支援した企業数。
先期は25社だった通期顧客数は、今期現在38社まで増えました。
ありがたい話です。

来期はさらなる品質向上はもちろんのこと、もっとたくさんのテーマで依頼を受け、
顧客への価値と自分たちの成長を実感したい!
そう強く思っています。

同時に来期は、いよいよ新規事業をカタチにしていく期でもあります。
これは、これまでにない投資を意思決定するものでもあります。

そして、一つの節目でもある5周年を迎える期でもある。
ステージアップを実感できるトピックが並ぶなか、予算を含めた来期の計画立案は、
武者震いするほど重要なものと実感しています。

だいぶ以前のことになりますが、前職時代に受けた研修で、講師の方からいただいた言葉で
とても心に残っていることがあります。

それは、「秒針・分針・時針の3つを常に持て」という言葉です。

「秒針」は、今追求する目標。
「分針」は、中期的に追求する目標。
「時針」は、長期的に追求する目標です。

追求することの視野感や、時間感のバランスを意識すること。
ややもすると見失いがちになったりします。

会社をつくってからも、
「増渕くんはまだ経営者の仕事はしてないよね」と言われたことがありました。
それは、「秒針」をメインに「分針」くらいまで
意識していればよかったからだと思います。

最近少しずつ、「分針」が意識のメインになってきました。
同時に、「時針」を意識することが増えてきました。

会社の成長に負けないように、自分も成長していかねばと、本気で思っています。