BLOG
月刊 語る増渕

なぜ「理念浸透系」のプロジェクトが
増えているのか。

最近もともとまとめていたものを「連載」で小分けに出していたので
この執筆も楽だったのですが、
いよいよそれもできなくなってしまいました(笑)

さて、なにを書きましょう。
ずっとジャンプのことを書いてましたから、
ちょっとマーケット寄りのことにしましょうかね!

最近増えているのが、一般的な言葉でいえば「理念浸透系」のプロジェクトです。
ジャンプの言葉でいえば、「フラッグ」の案件。

進め方は個社ごとに最適化していますが、比較的共通するポイントとしては、

●経営者・経営陣、社員へのインタビューを実施。
可能であれば顧客へのインタビューも実施。
●その会社の過去・現在・未来をたなおろし。
●これからも大切にしつづけること(DNA)を言語化。
●同時に次にめざすステージ(ビジョン)を言語化。
●顧客価値(アウターバリュー)、社員価値(インナーバリュー)を言語化。
●その会社の社員として期待する行動・意識(スタンス)を言語化。
●全社員をあつめての共有会を実施。
●社内浸透(インナーブランディング)施策の企画・推進。
●社外浸透(アウターブランディング)施策の企画・実施。

という流れかと思います。

最近こういったテーマが増えているのはなぜだろう?
もちろんわれわれの努力もありますが(笑)、環境の変化が大きいと思います。

足元の業績がよくなっている会社が増えている。
結果、「今」だけでなく、「中長期」に目を向ける会社が増えている。
そういった変化を感じます。

思えばジャンプ創業の翌年、2009年ころは、
「売上・利益アップにすぐつながりそうなテーマ」
にしかお金を出していただけなかった記憶があります。
営業力の強化、業務生産性の改善、集客などのテーマですね。

もちろん今もそういった課題、ニーズはたくさんあるので、「未来志向が増えている」、
「さらに根本的な課題に向き合う会社が増えている」ということかと思います。

私たちジャンプもそうありたいですね。
現在、「自分たち(ジャンプ)の未来」に向き合い、全員で考える場づくりを企画中。
数年先をみすえて、今からやるべきことを追求していこうと思います!