BLOG
月刊 語る増渕

はじめて募集広告を出しました。

先日、ジャンプ初の取り組みをしました。
それは、人材の一般公募です。

ありがたいことにこれまでは、全員人脈と紹介だけで、
11名の集団になることができました。
でもさすがに限界がきまして、こちらの「Wantedly」に掲載をしたのです。

https://www.wantedly.com/projects/13542

たくさんの方に「応援」をいただき、なんとpvランキングで、
2000社以上のなかで「第3位」となることができました!
応募も多数ちょうだいしており、数名の方とお会いさせていただいております。

それ以外にも「みたよー」という知人からのコメントもいただいたのですが、
意外に多かったのが、「スピードを捨てる」という経営方針に対する好印象でした。

===原文===

●成長の「スピード」を捨てる
組織として仕事の「質」と「量」は高めつづけていきたい。
会社として、成長はつづけていきたい。
そうしないと、いずれ飽きてしまうと思うからです。
でもそこに「(成長)スピード」まで求めると、必ずトレードオフが起きます。

なので、スピードは捨てました。
ジャンプの採用理念は、「100年100人採用」。
毎年1人ずつ仲間を増やし、それにあわせて事業をひろげていくのが大方針です。

========

ここに共感していただけるのは自分的にもうれしいのですが、
裏返せば「成長」と「成長スピード」の両立を志向することが、
一般的だからなのでしょう。

もちろん「自分の考え方が正解で、ほかは不正解」なんて、かけらも思っていません。
「急成長、急拡大というビジョン」が人をひきつける、ということは、
多分にあると思います。

結局は、相性。良い悪いじゃなく、しっくりくるか、こないか。
12人目の仲間も、ジャンプの価値観がしっくりくる人がいいなぁ~。

ちなみに「成長スピードを捨てる」ってことは、決して「のんびりいこうぜ」
ってことではないんですが、その辺の機微もわかってくれる人がいいなぁ~。

採用は、あせらずじっくり進めます。
とはいえ、できれば早くしたいんですが(笑)