BLOG
月刊 語る増渕

人が変わるきっかけ。
娘たちから実感したこと。

はじめてだと思いますが、子どものことを書こうかなと思います。

私にはありがたいことに、子どもが3人います。
上から女(小六)、女(小三)、男(年長)です。
たまたまですが、私も嫁も三学年置きの3人兄弟でしたので、一緒ですね。

その長女と次女が、昨年末からバスケをはじめたんです。
嫁さんもずっとバスケを(しかも本格的に)やっていたのでその影響もあるんでしょうが、
昨年11月ころ長女が「やりたい!」と言いはじめ、
一緒に体験に行った次女も同時に入りました。

で、見学に行ったらすごいんですよ。
何がすごいって、めっちゃ走るんです。体育館をぐるぐるぐるぐる。
そんな本気で走りつづけたことのないうちの2人は、かなり苦しそうでした。
でもなんとかがんばっていました。

練習みても、そりゃあ下手くそです。
次女なんてちっちゃすぎて、ボールがゴールまで届かないんですから。

そんな感じではじまった子どもたちのバスケット。
今ではだいぶできるようになってきました。
試合にも出て、たまにゴールも決めています。

で、そういった「技術的成長・変化」はさておき、
他にも変わってきたなぁと思うことがあります。

たとえば顔つき。2人とも、精悍になってきた気がします。

それから感情表現。
面白いもので、割と感情表現が荒っぽかった長女は落ち着くようになり、
ちょっと優等生過ぎる感じもあった次女は、ストレートな表現が増えてきました。

やっぱり打ち込めるものができると、人は変わるんだなぁ。
やっぱりスポーツっていいなぁって、思っている次第です。

ちなみに唯一の男子である三番目の息子には、1才の誕生日からバットを買うなど
野球洗脳をつづけてきたのですが、最近よく「サッカーやりたい」と言います。

私がちょっと困った顔をしていると、
長女に「好きなことやらせてあげなよ」と怒られました。