BLOG
月刊 語る増渕

就活で、営業志望の女性が増えている!
それにかこつけた宣伝も?

毎年この時期になると、新卒採用に関する調査データやランキングがリリースされます。
つい先日、マイナビがリリースした「大学生就職意識調査」。
こちらにとても興味深いデータが載っておりました。

それは、

●文系女子の「営業職志望」が年々増えている。

というデータです。 ※上記リンクのP12参照

データをとりはじめた2004年卒のときは、
 営業部門希望・・・16%
 管理部門希望・・・20%
という感じでした。

それが、2013年卒でほぼ同率となり、2016年卒でついに逆転。
直近の2018年卒に関しては、
 営業部門希望・・・29%
 管理部門希望・・・22%
という感じなのです。

なんででしょうね?
正直詳しく調べたわけじゃないのでよくわからないのですが、

▼以下の理由で女性の「総合職志向」が強くなっている。
 ・ビジネスで活躍する女性ロールモデルの増加
 ・女性の活躍を支援する機運、働き方改革などの進展
 ・ビジネスにおける知的労働側面の強化
▼総合職志向の女性のファーストキャリアとして、営業部門が志向されている。

という流れなのかな?と考えています。

前職時代を含めて、語弊を恐れずに言えば「優秀だと感じる学生は、女性のほうが多い」
だったり、「新人時代にハイパフォーマンスな営業は女性のほうが多い」と感じおり、
今回のデータから見ることができる傾向は、すばらしいことだと思います。

そういえば、私の妻が販売職のアルバイトで入った会社の、営業になりました。
10数年ぶりに社会復帰したと思ったら、15年ぶりくらいの「営業職復帰」です。

楽しそうにがんばってると思ったら、早速官公庁の大型受注を決めたりして、
先日「社長賞的なもの」をいただいておりました。

これも新卒入社のファーストキャリアで営業を選び、
3年間ですが一生懸命努力してきた貯金ですかね。

こちらをご覧の企業さまで、ランチに社内でのお弁当販売に興味お持ちいただける方、
私までお問い合わせいただければ、優秀な営業をご紹介させていただきます(笑)