BLOG
月刊 語る増渕

親父の言葉。

ありがたいことに子どもが3人おりますが、長女は現在「中2」です。
小5のあたりからいわゆる「反抗期」的な感じになったのですが、
今年になってから落ち着いてきた気がします。

思い起こせばわたくしめも、たいへん反抗期くんだったと記憶しております。
男子のほうが遅くて長いといわれますが、高校生でもまだばりばり現役でした。

ここに書くのが照れくさい記憶もあり・・・

特に親父には、いろいろと迷惑をかけたなぁと思います。

わたしの父親は、男・男・女の「長男」でした。
東京の大学を出たあと栃木の実家にもどって就職したようですが、
客観的にみて、「もしそのまま東京で仕事してたらなかなかのもんだったのでは?」
と思います。
(めっちゃえらそーーー)

いろいろ思うところがあって地元に帰ったのだと想像しますが、
だからこそ長男のわたしが東京で就職すると言ったとき、応援してくれたのだと思います。

親父からもらった言葉で記憶にあるものは、ほぼゼロです。
ただ唯一、本人の「座右の銘」的な言葉のようですが、これだけは心に残っています。

あせらず、力まず、あきらめず。

何かの折に、もらいました。
親父らしく、すてきな言葉だなぁと思います。

なぜ今回このことを書いたかというと、最近やりたいことが増えてきて、
正直「あせる」気もちも感じるからです。

まぁまぁまぁ。
あせるなあせるな。
あせらず、力まず。それでいて、あきらめず。
がんばっていこうと思います。