BLOG
月刊 語る増渕

なぜ今このタイミングで、
「CI」を実施したのか?

本日2017年8月1日、ジャンプは記念すべき日を迎えました。
一言でいえば、「CIの実施」です。

ロゴを変えました。
スローガンも変えました。

会社のミッションは再定義しました。
事業・サービスも再定義しました。

2008年5月30日に設立してから9年ちょっと。
会社にとっても自分にとっても、一番大きな出来事かもしれません。

なぜこのタイミングでCIなのか?
実はここ数年、もんもんとする自分がいたのです。

すてきな仲間が集まって、いい仕事ができている。
経営状態も良好。
退職者もいない。
ワークライフバランスもとれている。

でも、何かもの足りない。
ずっとこのままでいいんだろうか?

足りないものが何なのかは、実はわかっていました。
それは、「社会価値との接続」です。

もともとが、「好きな仲間といい仕事をしたい」という内向きな志向で始めた会社です。
語弊を恐れずにいえば、「自分たちファースト」でやってきた会社です。

でも気づいたら、人も増えてきた。
実績もノウハウも、増えてきた。
そのメンツなら、このメンツだから、このタイミングだからできることが、
あるんじゃないか。

自我かもしれないけれど、もっと社会に対するメッセージ性を高めたい。
それにより、自分たちならではの何かを生み出したい。
それが自分たちにとっての、新たなやりがいや生きがいにつながるのではないか。

そんな想いが強くなっていった、ここ数年でした。

私は起業のときもそうでしたが、もんもんとする期間が長く続いて
どこかのタイミングで腹をくくるときがきます。
今回はそれが、昨年の春でした。

昨年の5月末、全員の前で想いを伝えました。
そこから「ジャンプのあらたなCI」の議論が、全社でスタートしました。

昨年内には大きな方向性が固まり、新しいロゴも完成。
年明けからはメッセージやメソッドの開発・ブラッシュアップを進め、
ついに本日コーポレートサイトのリニューアルをもって、
社外のみなさまにお披露目できました。

「Only1Recruiting」で「採用力の強化による企業価値向上」を支援し、
「働きたくなる会社を日本中に」増やしていく。

そして我々自身が「働きつづけたくなる会社」という価値を磨きつづけ、
ロールモデルとなっていく。

これが私たちジャンプの、新しいIdentityです。

会社がセカンドステージになることで、私自身に求められる役割や能力も変わるでしょう。
これまで実感できていた価値を、失うかもしれない。
正直怖い部分もあります。
だからこそもんもんとしている期間が長かった。
でも、腹はくくった。

今はとってもワクワクしているし、ちょっとドキドキしています。
みなさま、ジャンプのセカンドステージ、応援のほどよろしくお願いいたします!